derdiedas メールマガジン
derdiedas Informationen

derdiedas

471 投稿 0 コメント
video

Felix Jaehn Remix: 「Cheerleader」

「世界的大ヒットを飛ばすドイツ発ハウスリミックスに注目」というFelix Jaehn についての記事はこちら。 購入する: Amazon
video

Robin Schulz Remix: 「Prayer in C」

「世界的大ヒットを飛ばすドイツ発ハウスリミックスに注目」というRobin Schulz についての記事はこちら。 購入する: Amazon
出典: |flickr/Denis Apel|https://flic.kr/p/vMbW3R

世界的大ヒットを飛ばすドイツ発ハウスリミックスに注目

ドイツのDJ達がグローバルな成功を収めている。過去のヒットソングや知られざる名曲にハウスミュージックの電子音楽リズムをミックス。そこに若い女性シンガーのヴォーカルを乗せれば、ポップなハウスリミックスの出来上がりだ! ハウスとはアメリカで誕生した電子音楽スタイルのひとつ。その名は、この音楽スタイルを確立させたシカゴのクラブ『The Warehouse』に由来する。 近年、ドイツの若きプロデューサーらによって制作されたハウスが世界的に絶大な人気を誇っている。彼らの作品は、ダンサブルで洗練されたイージーリスニング性があり、オリジナル版より大きな成功を収めている。 ハウスは、1小節に4分音符が4回続く「四つ打ち」と呼ばれるリズムを基本としている。ドラムマシーンで重低音の四つキックが入る。 数々のヒット曲を生み出したドイツのハウスプロデューサー。彼らはティーンエイジャーの頃からターンテーブルを操り、電子音楽をミックスして遊んでいた若者たちである。 ドイツ西部にあるオスナブリュック出身のRobin Schulzは、すでに世界的に有名なトップDJだ。Schulzの名を世に知らしめた『Prayer in C』の原曲は、フランスのフォークポップデュオ、Lilly Wood & The Prickによるもの。 彼による『Prayer in C』は40カ国でヒットチャート1位を獲得。ベルリンで撮影されたミュージックビデオには、ダークなサングラスをかけたSchulz本人が登場している。 [youtube https://www.youtube.com/watch?v=IcoqJCJlHbQ] 購入する: Amazon シュルツはオランダのラッパー、Mr. Probzのリミックスでもヒットを飛ばした。 [youtube https://www.youtube.com/watch?v=pUjE9H8QlA4] 購入する: Amazon ハンブルグ出身のFelix Jaehnも大きな成功を収めている。Schulzと同様に、Jaehnも自分自身でリミックスのテクニックを身につけ、ジャマイカのシンガーソングライター Omiの『Cheerleader』で世界的ヒットを生み出した。 [youtube https://www.youtube.com/watch?v=jGflUbPQfW8] 購入する: Amazon Jaehnの次なるワールドヒットとなった『Ain’t Nobody (Loves me Better)』は、1983年のRufus &...
video

Wanda: 「Auseinandergehen ist schwer」

「アウストロポップの最後の砦 人気上昇中のワンダに注目」というWanda についての記事はこちら。 Auseinandergehen Ist Schwer Du weißt es wenn du dir ehrlich bist genau So schnell findest du sicher nicht eine bessere Frau Lass den Thomas...
ワンダのメンバー達。右から2番目がフロントマンのワンダ; 出典: |Wikipedia|https://de.wikipedia.org/wiki/Wanda_(Band)#/media/File:Wanda_Amadeus_Austrian_Music_Awards_2015.jpg

アウストロポップの最後の砦 人気上昇中のワンダに注目

オーストリア出身の伝説のポップスター、ファルコ。その再来とも言われる人気急上昇中のバンドが、オーストリア訛りのドイツ語で“愛”を歌うワンダだ 80年代に世界中に旋風を巻き起こしたウィーン出身のファルコ(Falco)。1985年に発表された彼の『ロック・ミー・アマデウス』は、非英語圏のアーティストのランクインが難しいアメリカのビルボードホット100でも1位を記録した。 [youtube https://www.youtube.com/watch?v=uDPpq4qkkjA] ファルコの大ヒット曲『ロック・ミー・アマデウス』。ドイツ語と英語が入り交じる歌詞をラップ調に歌ったスタイルは、センセーショナルだった。 しかしその後、ファルコがこれを越えるヒット曲に恵まれることもなく、彼は1996年にドミニカ共和国へ移住。翌々年の98年に同国内で交通事故に遭い、40歳の若さでこの世を去った。 ファルコ以降、アウストロポップ(オーストリア発のポップミュージックの意)界は低迷し続けていたが、最近、期待の新星が突如として現れた。 [youtube https://www.youtube.com/watch?v=FKMrbBsf8fA] ワンダの名を広めたデビュー曲『Auseinandergehen ist schwer』。ファーストアルバム『Amore』(イタリア語で愛を意味する)にも収録されている 2012年にオーストリア・ウィーンで結成されたワンダ(Wanda)。バンド名の由来でもあるフロントマンのマルコ・ミハエル・ワンダが作詞と作曲を担当している。当バンド楽曲のテーマは、“愛”。情熱的な歌詞と往年のファルコを彷彿させるレトロ調の楽曲がうまく調和している。 [youtube https://www.youtube.com/watch?v=xREl_68O-mw] YouTubeの再生回数が300万回に迫るセカンドシングル『Bologna』 ドイツの音楽誌『Musikexpress』でも「今世代でおそらく最後となる重要なオーストリアバンド」と評されたワンダ。ニューアルバム『Bussi』は、10月に発売予定。オーストリアドイツ語で「軽いキス」を意味するタイトルから察するに、彼らのテーマ“愛”をより追求した一枚になっているのではないだろうか。
出典: |Wikipedia|https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:The_Terminator#/media/File:Graffiti_in_Shoreditch,_London_-_The_Terminator_by_Graffiti_Life_(9425010886).jpg

ターミネーターも故郷オーストリアを懐かしむ

待ちに待ったアーノルド・シュワルツェネッガーのターミネーター復帰。実に12年ぶりの出演となる。
出典: |Freitag|http://www.freitag.ch/media/fundamentals/f152

フライターグの次なる挑戦「土に還る服」とは?

トラックの使用済み幌を再利用したメッセンジャーバッグで知られるスイスのブランド『フライターグ』。新たに堆肥化する新繊維素材『F-ABRIC』を発表
出典: |Wikipedia|https://en.wikipedia.org/wiki/Valais_Blacknose_(sheep)#/media/File:Valais_Blacknose_Sheep.jpg

アルプスで発見!世界一可愛い羊「ヴァレー・ブラックノーズ」が話題

羊界のアイドル?スイスにいる世にも可愛い羊に癒される
義足で階段を昇る患者; 出典: | FH Linz (all rights reserved)| http://www.fh-ooe.at/studiengaenge/master/mme/news-events/news/news/article/pressekonferenz-fuehlende-beinprothese/

先端医療技術の驚き– 世界初 −「感覚を持つ義足」の誕生

オーストリアの科学者達が、患者自らの脚の感覚を呼び起こす義足を発明。着用した患者らは、驚きと喜びで満ち溢れている
出典: |Wikipedia|https://de.wikipedia.org/wiki/Manuel_Neuer#/media/File:Manuel_Neuer,_Germany_national_football_team_%2806%29.jpg

マヌエル・ノイアーを知らない人への12のマメ知識

マヌエル・ノイアーはドイツ出身のゴールキーパー。1986年3月27日生まれ。身長193cm 、体重90kg。
LINE it!
derdiedas Newsletter
X