derdiedas メールマガジン
derdiedas Informationen

derdiedas

471 投稿 0 コメント
video

ティムとヤンのドイツ語講座 (174): alles auf eine Karte setzen

„alles auf eine Karte setzen“(すべてを1枚のカードにかける)は、「たった一つのチャンスにすべてを賭ける」という意味。
出典: | flickr/Doris Göbel CC NC-ND 2.0 | https://flic.kr/p/TErmWq

イースターの由来は? なぜウサギと卵がシンボル?

ドイツ、スイス、オーストリアではクリスマスに並んで重要な行事であるイースター(復活祭)。
出典: © 鈴木雅勝; Montage: © derdiedas.jp

私とドイツとNRW (前編) たかがコミュニケーションされどコミュニケーション

プライスウォーターハウスクーパース(PricewaterhouseCoopers: PwC)は、いわゆる「Big4」と言われる世界4大会計事務所の一つで、世界160カ国に拠点を持ち、約20万人の社員を有するプロフェッショナルサービスファームです。
出典:| flickr/Blogging Dagger CC BY-SA 2.0 | https://flic.kr/p/sqkcfC

意外や意外! そうだったんだ、ドイツ人の当たり前

やっぱり違った、ドイツ人の常識! カルチャーショックを受ける前に知っておきたい7つのこと
video

ティムとヤンのドイツ語講座 (173): jemanden in die Mangel nehmen

„jemanden in die Mangel nehmen“(…をローラーに入れる)とは、「…をぎゅうぎゅう絞り上げる、…を責め立てる」という意味。
video

ティムとヤンのドイツ語講座 (172): den Kürzeren ziehen

„den Kürzeren ziehen“(短いほうを引く)は、「貧乏くじを引く、敗北する」という意味。
出典: | Wikipedia CC BY-SA 2.0 | https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=45597836

今世紀最強のテニスプレイヤー ロジャー・フェデラーに関する10の事実

テニス選手は背が高すぎると迅速に動けない。が、パワフルなサーブを打つためにある程度は身長がないといけない。
video

ティムとヤンのドイツ語講座 (171): sich an die eigene Nase fassen

„sich an die eigene Nase fassen“(自分の鼻をつかむ)とは、「(他人のことより)まず自分のことを反省する」という意味。
video

ティムとヤンのドイツ語講座 (170): sich etwas unter den Nagel reißen

„sich etwas unter den Nagel reißen“(…を爪で引き裂く)とは、「…を着服する、…をせしめる」という意味。
出典:|Wikipedia CC BY-SA 4.0|https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Angela_Merkel_-_2017248170623_2017-09-05_CDU_Wahlkampf_Heidelberg_-_Sven_-_1D_X_MK_II_-_150_-_B70I6066.jpg#/media/File:Angela_Merkel_-_2017248170623_2017-09-05_CDU_Wahlkampf_Heidelberg_-_Sven_-_1D_X_MK_II_-_150_-_B70I6066.jpg

アンゲラ・メルケルが朽ちない7つの理由

GroKo (グロコー)という言葉が飛び交うドイツ。GroKroとは"große Koalition" (大連立政権)の略。
LINE it!
derdiedas Newsletter
X