ホワイトチョコレートの誕生以来80年、新種が登場しなかったチョコ界に、ついに「第4のタイプ」のチョコが現れた!

チューリッヒにある業務用チョコレート会社バリーカレボー(Barry Callebaut)が、9月に開かれた上海のイベントで、ベリー風味で、魅惑的なピンク色をした新フレーバー、「ルビー」を発表した。

「なんだ、そんなチョコレートたくさんあるじゃないか」ということなかれ。「ルビー」は、着色なし、果実や香料の添加もなしの、チョコレートそのものが天然の赤みがかったピンク色のチョコレートなのだ。

そのため「ルビー」はダーク、ミルク、ホワイトに続く、「第4のタイプ」のチョコレートと位置付けられる。ネスレがホワイトチョコを世に送り出したのが80年以上前のことというから、チョコ界にとっては待ちわびていた“新種発明”だと言っていい。

ルビーチョコの原料は、世界中の産地から取り寄せた「ルビーカカオ豆」だ。約10年にわたる研究開発を経て、この豆が持っている独自の風味と色を最大限に引き出す 「アンロック」という特殊製法を生み出し、ようやくルビーの秘密にたどり着いたのだ。なお、詳しい「アンロック」の製法については、企業秘密のため明らかにされていない。

出典: © Barry Callebaut

そのお味はというと、ベリーのような果実感と甘美な滑らかさのバランスが、感覚に訴えるという。色だけでなく味も魅惑的のようだ。

出典: © Barry Callebaut

一刻も早く食べてみたいところだが、バリーカレボーは世界のチョコレート製造会社を相手に、業務用製品を販売している会社なので、消費者向けの製品販売はしていない。ただ日本の製菓会社とも提携しているので、店頭に並ぶ日もそう遠くはないだろう。バレンタインの本命チョコは、魅惑のルビーで決まりだ。