世界最優秀ゴールキーパー」に3度、「UEFA欧州最優秀ゴールキーパー」に4度輝いた伝説のドイツの守護神は、超強面だがフレキシブルなお茶目さんだった

ブンデスリーガで8度、ドイツカップで6度優勝したオリバー・カーン(Oliver Kahn)だが、W杯ではついに頂点には立てなかった。

2002年、横浜のスタジアムでの決勝戦、ブラジルに敗れ準優勝に終わった。1969年生まれで身長は188cm。

1. ニックネームは『タイタン』

タイタン(Titan)とは、ギリシャ神話に登場する神で巨大な体を持つとされる。カーンが股関節に入れた人工関節の材質もチタン(Titan)性だった!

出典: Wikipedia CC BY 2.0
出典: Wikipedia CC BY 2.0
2. 好きな食べ物は「草以外のもの全て」

「草は仕事中に十分食べているから」だとか。ボール目掛けてスライディングするゴールキーパーは、フィールドの芝をよく味わっているらしい。

3. 趣味はゴルフと読書


4. 経済学学士と経営学修士(MBA)を持つ

引退後に大学に通い、経営学を学びMBAを取得した。

Kahn Mikrofon
出典: flickr/Thomas Flügge CC BY-NC 2.0
5. プライベートでは、パッチワークファミリーを形成している

10年前に離婚した元妻Simoneとの間に、Katharina-MariaとDavidという二人の子供がいる。離婚から2年後に再婚し、現妻Svenjaとの間にも5歳の息子Julianがいる。

6. モットーは「絶対諦めない!(GIB NIEMALS AUF!)」と「前へ、常に前へ!(Weiter immer weiter!)」

カーンは常に興奮状態でプレーすることで有名だった。アドレナリンが過剰分泌されている状態でゴール前に立つのが彼のスタイル。

オリバー・カーンのベストプレー集

7. ドイツ代表のキャプテンも務める

2002年から代表引退を表明する2006年までドイツ代表のキャプテンだった。

8. 2012年にビジネス・パートナーと一緒に起業

「Titaneon Media AG」という会社で、例えばサッカーファンの声を調査・分析するなど、サッカー周辺ビジネスを展開している。

9. 多くの愛される名言を残している

ある試合後の有名なインタビュー。ピッチで気絶したカーンに、まずチームメイトが助けに駆けつけたのだが、それについて聞かれると「彼の愛撫には全く気づかなかったよ」と答えた。

10. 引退後はドイツのテレビ局ZDFでコメンテーターをしている

口が達者なカーンは専門家として解説するのだが、そのコメントは現在の代表選手をイラつかせることも!その他にも、おしゃべりを活かしてイベントの司会などもこなす。テレビCMにもどんどん出演していて、ダイエット用品からサッカーくじ、ソーセージまで宣伝していました。

11. オリバー・カーン財団を設立

恵まれない境遇の子供達の教育を支援する財団を運営し、薬物中毒や犯罪者になることを、サッカーによって食い止めようと活動している。彼の想いを綴った本も出版されている。

Kahn Buch Cover
出典: Pendo
12. 引退後のダイエットもちゃっかりお仕事に!

引退後、座ってばかりで運動をしないため、誰の目にも明らかな程に太ってしまったカーン。アメリカのダイエットセンター「ウエイト・ウォッチャー(Weight Watchers)」のプログラムで減量に成功し、しばらくの間広告塔となっていた。